土木・建設工事、ガス導管工事の愛知県一宮市 渡邊組
会社情報
お問い合わせ
株式会社 渡辺組 お電話でのお問い合わせ
採用情報

社員の紹介

渡邊組で元気に働く、先輩社員の紹介

谷奥 明人 土木部 2008年入社

今、どのような仕事をしていますか?

現場代理人として新濃尾大橋の橋梁整備工事に携わっており、現場では日々出来形、品質、安全管理、住民対応などを行っています。
作業としては測量や丁張り、写真撮影などが主な作業になります。

仕事のやりがいは何ですか?

現場は辛いことや、しんどいことがたくさんあるが、完成した時はそれ以上の感動が味わえます。そしてそれが地図に載り形となって残っていくことにやりがいを感じます。
また、舗装工事など地域住民の人に感謝されることがあり、誰かの役にたっていることが実感できるのもやりがいの一つです。

社会人になって変わったことは?

自分の力は本当に微々たるもので、たくさんの人に支えられていることを実感した。

渡邊組はどのような会社ですか?

先輩たちとの距離がかなり近い会社です。先輩たちが親身になって相談にのってくれるので心強く仕事ができます。
また、資格取得に力を入れている会社です。関係する資格なら全額費用を出してくれるのも嬉しい事です。

森 慎太郎 土木部 2007年入社

今、どのような仕事をしていますか?

公共工事の施工管理全般です。一つの工事の着手前の準備、日々の書類作成、工事完成書類の作成が主な担当業務です。
現場では首にカメラをぶら下げて、施工状況写真、出来形写真などを撮ったり、造る構造物の目印である丁張りをかけたりしています。

仕事のやりがいは何ですか?

公共工事は人の生活環境に直結します。渡邊組の現場のほとんどが、私が生まれ育った一宮市を中心とした場所なので、自分も含め地域住民の人々の生活が良くなる事、苦労して工事が完成し、出来あがった構造物を眺めている時の、達成感がやりがいです。

社会人になって変わったことは?

大学生のころは、時間にかなりルーズで毎日のように寝坊をしていたし、授業やバイト何かにつけて遅刻をしていたが、大学卒業後、渡邊組に入社し社会人になったことで、自分の責任が高まり、時間を守るようになりました。

渡邊組はどのような会社ですか?

借金がなく経営状態が良いため、将来性が非常に高く安心できる会社です。
建設業として下請けではなく、国や県から直接、請け負っている所が魅力です。

杉村 貴仁 土木部 2014年入社

今、どのような仕事をしていますか?

国道22号を挟んだ場所の庄内川の堤防に水の浸透を防ぐための遮水シートを張るための護岸工事で、施工前の測量や施工中の出来形管理および確認をしています。

仕事のやりがいは何ですか?

工事が終わった時の充実感と、構造物などが完成し、その場所に出来上がった時の達成感が、現場監督としての仕事のやりがいだと思います。

社会人になって変わったことは?

大学時代の時とは全く違う、人との接し方が大きく変わりました。(仕事だから当然なのかもしれませんが)
作業をする方に、指示を出して現場を動かすために、如何にして働きやすい環境を提供するかを常に考えているので、だれかに気を使う事ができるようになりました。
将来は自分で地図に残るような大きな物を造りたいです。

渡邊組はどのような会社ですか?

私は渡邊組に入社し感じたことはまず、現場の方々と仲が良く、楽しく仕事をしている人が多いと感じました。現場では作業をする方に頼るばかりではなく、頼られる側の人材に成長出来る会社だと思いました。
会社として実績と技術が豊富にあるので、先輩のように土木業界のエキスパートになれる会社だと思っています。

樋田 泰裕 管工事部 2008年入社

今、どのような仕事をしていますか?

東邦ガスの仕事を行っています。
東邦ガスの中でも、ガス管の本管・鋼管・舗装・維持管理に分かれています。
私は、本管部門の仕事をしています。

仕事のやりがいは何ですか?

お客様に、安心・安全に都市ガスを提供し「ありがとう」と言われた時の気持ちが今でも忘れません。
ライフラインを守っているという仕事に一番のやりがいを感じます。

社会人になって変わったことは?

一日一日を、大切にする事。時間を大切にする。
今日は、これを頑張る。など、1つ1つを大事にすることを学んだ。

渡邊組はどのような会社ですか?

先輩達がやさしく接してくれます。例えば一度失敗しても、相談すれば同じ立場で考えてくださるので、自信をもって仕事に望めます。
もちろん、二度目の失敗が無いように、注意しています。

船戸 智久 管工事部 2002年入社

今、どのような仕事をしていますか?

主に、ガス工事における監督業務です。
東邦ガスから請け負った、ガス管の敷設工事の現場監督をしています。

仕事のやりがいは何ですか?

都市ガスの新設、入替などの工事に携わり、ガス工事に関する技術、知識を磨くことができます。
また、大勢のお客様とのかかわりで人との接し方について多くを学べます。
現場ごとに環境が様々あり、同じ現場が存在しないことも、やりがいを感じる点です。

社会人になって変わったことは?

諸先輩方が過去に施工された 現場付近で、お客様から“渡邊組なら安心な工事をやってくれる”との評判を聞いて、新規の現場に自分が携わったときに感じた、現場と地域と会社とのつながり感を、後輩も次に味わえるような、そんな工事をめざしています。

渡邊組はどのような会社ですか?

様々な資格取得に向けて、応援していただける環境がある会社です。
また、新しい機器・機材・施工法に即座に対応していただける器量のある会社だと思ってます。